接客をしていると、どうしてもお客様に待っていただく必要があるときがあります。

そんなときには、「しばらくお待ちください」や「少々お待ちください」と英語で言って待ってもらい、その後「お待たせしました」と英語で言いたいですよね。

簡単な言葉で言えますので、覚えておいて今日から使ってください。

バーのカウンターに男と女

音声

再生ボタンをクリックするとオーディオを聞くことができます。

「しばらくお待ちください」「お待たせしました」の英語

■しばらくお待ちください(少々お待ちください)。

Wait a minute, please.

(ウェイト・ア・ミニット・プリーズ)

■お待たせしました。

Thank you for waiting.

(サンキュー・フォー・ウェイティング)

■失礼します

Excuse me for a second.

(エクスキュース・ミー・フォー・ア・セカンド)

まとめ

ナオコナオコ

「少々お待ちください」や「しばらくお待ちください」の英語は、実に簡単ですね。

「お待たせしました」も、誰でも知っている言葉を使っていうことができます。

今日からさっそく接客で活用してください。