店内を見ている外国人客に、「何かお探しですか?」と声をかけたら、次は予算を聞いたり、好みの色を聞いたりして、商品の購入につなげたいものです。

このページでは、「ご予算はどれくらいですか」や「色違いをお持ちしましょうか」など、外国人客の好みや希望を聞く英語フレーズを紹介します。

お客様が探している商品、好みの色などを紹介できたら、購入率がうんと上がります。

「色違いをお持ちしましょうか」と英語で言うだけでも売れるかもしれませんので、ぜひ使ってみてください。

ナオコナオコ

もし、在庫を確認しなければいけないときは、「外国人に在庫を聞かれたときのおすすめ英語フレーズ」を参考にしてください。

洋服を買う女性

音声

再生ボタンをクリックするとオーディオを聞くことができます。

好みや希望を聞く「色違いをお持ちしましょうか」などの英語

■何か特にお探しのものがありますか。

Are you looking for anything in particular?

(アー・ユー・ルッキング・フォー・エニスィング・イン・パティキュラー)

■ご予算はどれくらいですか。

How much would you like to spend?

(ハウ・マッチ・ウッジュー・ライク・トゥー・スペンド)

■何色がお好きですか。

What color do you like?

(ワット・カラー・ドゥー・ユー・ライク)

■どなたかへのプレゼントですか。

Is it a present for someone?

(イズ・イッ・ア・プレゼント・フォー・サムワン)

■色違いをお持ちしましょうか。

Shall I bring another in a different color?

(シャル・アイ・ブリング・アナザー・イン・ア・ディフレント・カラー)

■(商品を見せながら)こちらはご予算内でしょうか。

Would this be within your budget?

(ウッ・ズィス・ビー・ウィズイン・ユア・バジェト)

まとめ

ナオコナオコ

このページでは、「ご予算はどれくらいですか」や「色違いをお持ちしましょうか」などの英語フレーズを紹介しました。

「せっかく質問しても、英語を聞き取れなかったら意味がない」などと諦めずに、ぜひ挑戦してください。

色の英語は「blue」や「red」など、それほど難しくありませんし、予算にしても、分からなければ紙に書いてもらえば問題ありません。

色違いの商品を紹介するだけで売り上げアップにつながるかもしれないので、ぜひ使ってみてください。

そして、もし在庫を確認しなければいけないときは、「外国人に在庫を聞かれたときのおすすめ英語フレーズ」を参考にどうぞ。