相槌(あいづち)を英語で打つには、どう言えばいいかを説明します。

お客さんの話を聞いたとき、とりあえす「Yes」(はい)は言えると思います。

でも、「Yes」ばかりではワンパターンなので、少し変化を加えたいものです。

この記事では、「その通りです」「分かります」「本当ですか?」など、バリエーションに飛んだ相槌を英語で打つには、どうすればいいかを説明します。

接客する会社員女性

音声

再生ボタンをクリックするとオーディオを聞くことができます。

相槌を英語で打つには

■はい(ええ)

Yes.

(イエス)

■その通りです(そうですね)。

That’s right.

(ザッツ・ライト)

■分かります。

I understand.

(アイ・アンダスタンド)

■本当ですか?

Really?

(リアリー)

■本当ですか?

Is that right?

(イズ・ザッ・ライト)

■すばらしいですね。

That’s great!

(ザッツ・グレート)

まとめ

ナオコナオコ

この記事では、相槌を英語で打つには、どう言えばいいかを説明しました。

「Yes」なら簡単に言えますが、そればかりでは芸がないので、いろいろな言い方を覚えておいて使ってみてください。

まるで英語ペラペラのように見えますよ。